【画像レポ】深夜でも洗車OK!首都高の汐留駐車場へ行ってきた

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

都内は洗車場が少ない

f:id:Hartmut:20170403135120j:plain

みなさんは都内で洗車をする時どうしていますか?個人的な感覚なのですが、都内は洗車場が圧倒的に少ないと思います。しかも、洗車場があったとしても土日は混雑。。。

それが、首都高が運営する汐留駐車場なら基本の駐車場料金だけで24時間洗車可能!地下駐車場なので雨の心配もありません。

都内の洗車場ない問題を解決すべく、実際に汐留駐車場の洗車コーナーで車が洗える様子をまとめてみました!

汐留駐車場の場所

基本データ

住所:東京都中央区銀座8丁目地先

電話番号:03-3542-0341

営業時間:24時間

駐車料金:30分ごと210円(最大2,200円/24h)

まず、カーナビで目的地設定をすると高速道路上かどうか聞かれますが、汐留駐車場は首都高が運営していますが高速道路上の施設ではありません。迷うこと無く「一般道」を設定してください。

首都高の下にある地下施設なので、若干入り口が分かりづらいです。周辺は一通や信号が多いので、一度間違えるとリルートが大変です。1度でたどり着くようにしましょう。

追記【注意】

文中で住所を「東京都中央区銀座8丁目先」と書きましたが、これだと松屋銀座へ行ってしまうことがわかりました。公式サイトに記載されている住所なのですが、間違った場所へ案内されます。

念のため、カーナビには「汐留駐車場」「汐留パーキング」と入れて検索をして、それでも出てこないようでしたらグーグルマップで記載されている「東京都中央区銀座8丁目地先1丁目8」を入力してみてください。

これが入り口

f:id:Hartmut:20161120173042j:plain

入り口には車両制限が書いてあります。混んでいるとじっくり読んでいるヒマがありませんが、サイズをオーバーしてしまうと引き返しが出来ないので注意しましょう。

車両制限

長さ:6メートルまで

幅:2メートルまで

高さ:2.1メートルまで

総重量:4トンまで

このようなルールになっています。まぁアメ車じゃない限り、だいたいの国産車ならセーフなのではないでしょうか。うちのビッグホーンも当然問題ありませんでした。リフトアップなどの改造をしているとキツいかもしれません。

洗車スペースはこんな感じ

f:id:Hartmut:20161120173428j:plain

洗車スペースは地下二階の一番奥にあります。2台分しかないので、空いていない場合は順番待ちをする必要がありそうです。土日は混雑しているので、僕は基本的に金曜や土曜の深夜に行きます。

洗車グッズが置いてある

f:id:Hartmut:20161120173658j:plain

そしてここ、汐留パーキングでは洗車グッズが置いてあります。恐らく運営会社が用意したものでは無く、他の利用者さんが使って置いていったものなのでしょう。シャンプーやタイヤワックス、コーティング剤などが置いてあります。

僕は自分で洗車グッズを持ってきているので使わないですが、うっかり忘れてしまった場合などは過去の利用者さんに感謝しましょう。w

他にも、背が高い車の屋根を洗うための台なども置いてあります。こちらは結構壊れているものも多く、確実なのはやはり自分で持ち込むことですね。

ちなみにタオルはないので、拭き取り用タオルくらいは用意して持っていくことをおすすめします。

GYEON ジーオン Q2MA-SD-S + Q2MA-SD-M SilkDryer(シルクドライヤー) Sサイズ&Mサイズ セット マイクロファイバークロス 洗車後の拭き取りに最適!
GYEONのSilkDryer S、Q2MA-SD-SとSilkDryer M、Q2MA-SD-Mのセットです。

あとは洗車をするだけ

f:id:Hartmut:20161120174007j:plain

メインコンテンツは終わりました。後はひたすら僕がビッグホーンを洗うだけのブログになります。w

ちなみにバケツは汐留パーキングの備え付けのものがあり、それは普通に借りることができます。バケツって結構忘れることが多いので助かります。

洗車完了!

f:id:Hartmut:20161120174139j:plain

やったぜ!

僕が行った金曜の夜は、幸いなことに他の利用者さんもおらず、のびのびと洗車をすることができました。お陰でドアの裏やボンネットの内側までしっかり掃除をすることができたので大満足です。

コイン洗車場だと、次の人は待っているし、コイン洗車の洗う時間は数分しかないし、結構慌ただしい洗車になりがちです。特に都内のコイン洗車場はどこも混雑しています。ここなら、時間を気にせず洗車ができますし、本当にいい場所です。

ただし、週末は結構混雑していることもあるので、その時は譲り合いの精神で洗車をしましょう。

まとめ

f:id:Hartmut:20161120174438j:plain

僕のビッグホーン。超きれい。16年前の車とは思えないコンディションです。

さて、ここまででかかった金額は1時間の駐車場料金のみ、合計620円でした!さすが汐留パーキング、最高かよ。

実は、首都高が運営している駐車場はここだけではなく、都内にいくつかあります。その中でも、値段も安くアクセスが良好なこの汐留駐車場は、都内で洗車場が無くて困っている人にはおすすめです。

特別他に料金もかかりませんし、24時間営業ですし、時間を気にせず(駐車料金はかかりますが)丁寧に車を洗いたい人には最高の場所だと思います。

というわけで、後半は僕がビッグホーンを洗うだけのブログでしたが、前半部分は役に立つので是非メモ代わりに使ってくださいね!それでは!

GYEON ジーオン Q2M-BAP40 + Q2M-NWC50 バスプラス 400ml + ニューウェットコート 500ml シャンプーと撥水コーティング剤の便利なセット 車 洗車用品
GYEONのBathe+(バスプラス)400ml+New WetCoat(ニューウェットコート)500mlのセットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました